2022年度のラインナップ

2022年度は4月から9月にかけて、以下の通り開催します。

公演の詳細・チケットのお求めは フェスティバルホール

第60回大阪国際フェスティバル2022
60th Osaka International Festival 2022

日本取引所グループ Special
4オケの4大シンフォニー2022
2022年4月16日(土)14:00開演 フェスティバルホール
チラシ
藤岡幸夫(指揮)関西フィルハーモニー管弦楽団
シューマン:交響曲第1番「春」

外山雄三(指揮)大阪交響楽団
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」

尾高忠明(指揮)大阪フィルハーモニー交響楽団
チャイコフスキー:交響曲第5番

秋山和慶(指揮)日本センチュリー交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
4 Symphonies by 4 Orchestras in Osaka 2022
Saturday April 16, 2022 at 14:00, Festival Hall, Osaka

Sachio Fujioka (Cond.), Kansai Philharmonic Orchestra
Schumann: Symphony No.1 “Frühling”

Yuzo Toyama(Cond.), Osaka Symphony Orchestra
Mozart: Symphony No.41 “Jupiter”

Tadaaki Otaka (Cond.), Osaka Philharmonic Orchestra
Tchaikovsky: Symphony No.5

Kazuyoshi Akiyama (Cond.), Japan Century Symphony Orchestra
Dvořák: Symphony No.9 “From the New World”
入場料 Admissions:
S: ¥9,500 A: ¥7,500 SS: ¥11,000 BOX: ¥15,000 バルコニーBOX Balcony Box (2席セット Twin Seats): ¥19,000 学生 Students: ¥3,500

主催:朝日新聞文化財団、朝日新聞社、フェスティバルホール、大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー協会、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団
特別協賛:日本取引所グループ(JPX)
協賛:朝日放送グループホールディングス、サントリーホールディングス、竹中工務店
《関連企画》
オペラ「泥棒かささぎ」レクチャーコンサート
2022年6月22日(水)14:00 あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール
チラシ
司会とお話:朝岡聡(日本ロッシーニ協会副会長、東京藝術大学客員教授)
出演:園田隆一郎(指揮者)、老田裕子(ニネッタ役)、青山貴(フェルナンド役)、伊藤貴之(ゴッタルド〈代官〉役)、岡本佐紀子(ピアノ伴奏)
Lecture Concert for Opera “La Gazza Ladra”
Saturday, June 22 2022 at 14:00, Aioi Nissay Dowa Insurance THE PHOENIX HALL, Osaka

Navigator: Satoshi Asaoka
Ryuichiro Sonoda (Cond.), Yuko Oita (Sop.), Takashi Aoyama (Bar.), Takayuki Ito (Bass), Sakiko Okamoto (Pf.)
入場料 Admissions:¥2,500

主催:朝日新聞文化財団、朝日新聞社、フェスティバルホール、朝日カルチャーセンター中之島
協賛:朝日放送グループホールディングス、関電工、ダイキン工業、大和ハウス工業、高砂熱学工業、竹中工務店、西原衛生工業所
※2021年6月5日に予定していた同公演の延期・振替公演です
ロッシーニ作曲 オペラ「泥棒かささぎ」(演奏会形式)
全2幕/原語(イタリア語)上演・日本語字幕付き
2022年8月9日(火)14:00 フェスティバルホール
チラシ
指揮:    園田隆一郎
管弦楽:   大阪交響楽団
ステージング:奥村啓吾
ソリスト:  晴雅彦(ファブリツィオ)、福原寿美枝(ルチーア)、小堀勇介(ジャンネット)、老田裕子(ニネッタ)、青山貴(フェルナンド)、伊藤貴之(ゴッタルド)、森季子(ピッポ)、清原邦仁(イザッコ/アントーニオ)、西尾岳史(ジョルジョ)、片桐直樹(裁判官)
合唱: 
ソプラノ1/太田尚見、岡本真季、三村浩美、岩本実奈子
ソプラノ2/名島嘉津栄、味岡真紀子、堀口莉絵、安本佳苗
テノール/諏訪部匡司、しまふく羊太、岡成秀樹、近藤勇斗
バス/谷本尚隆、神田行雄、伊藤友祐、大西凌
* This performance was rescheduled from June 5, 2021.
Rossini: La Gazza Ladra (Concert Version)
Opera with 2 acts/ performed in Italian with Japanese supertitles
Tuesday August 9, 2020 at 14:00, Festival Hall, Osaka

Ryuichiro Sonoda, Conductor
Osaka Symphony Orchestra
Keigo Okumura, Staging

Soloists
Masahiko Hare (Fabrizio)  
Sumie Fukuhara (Lucia)
Yusuke Kobori (Giannetto)
Yuko Oita (Ninetta)
Takashi Aoyama (Fernando)
Takayuki Ito (Gottardo)
Tokiko Mori (Pippo)
Kunihito Kiyohara (Isacco/ Antonio)
Takeshi Nishio (Giorgio)
Naoki Katagiri (Il Pretore)

Choir
Soprano 1:
Hisami Ota, Maki Okamoto, Hiromi Mimura, Minako Iwamoto
Soprano 2:
Katsue Najima, Makiko Ajioka, Rie Horiguchi, Kanae Yasumoto
Tenor:
Tadashi Suwabe, Yota Shimafuku, Hideki Okanari, Hayato Kondo
Bass:
Onishi Ryo, Naotaka Tanimoto, Hiroki Yamakawa, Yukio Kanda
入場料 Admissions:
S: ¥8,500 A: ¥7,500 B: ¥6,500 SS: ¥9,500 BOX ¥12,500 バルコニーBOX(2席セットtwin seats): ¥17,000 学生席 Students: ¥3,500

主催:朝日新聞文化財団、朝日新聞社、大阪交響楽団、関西二期会、フェスティバルホール
協賛:朝日放送グループホールディングス、関電工、ダイキン工業、大和ハウス工業、高砂熱学工業、竹中工務店、西原衛生工業所
協力:大阪芸術大学、日本ロッシーニ協会
小曽根真×鈴木優人×大阪フィル
ひかれあうジャズと古典—2台ピアノの午後

2022年9月17日(土)15:00 フェスティバルホール
チラシ
小曽根真(ピアノ)、鈴木優人(指揮・ピアノ)、大阪フィルハーモニー交響楽団

ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
(ピアノ:小曽根真)
モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲 変ホ長調 K.365
(指揮&ピアノⅡ:鈴木優人、ピアノⅠ:小曽根真)
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲 「展覧会の絵」
Makoto Ozone × Masato Suzuki × Osaka Philharmonic Orchestra
Conversation between 2 pianos


Makoto Ozone (Pf), Masato Suzuki (Cond, Pf), Osaka Philharmonic Orchestra

Ravel: Concerto pour Piano et Orchestra
(Pf: Makoto Ozone)
Mozart: Koncert für 2 Klaviere und Orchester K.365
(Cond & PfⅡ: Masato Suzuki, PfⅠ: Makoto Ozone
Mussorgsky (Arranged by Ravel): Tableaux d’ une exposition
入場料 Admissions:
S: ¥7,500 A: ¥6,000 B: ¥5,000 SS: ¥8,500 BOX: ¥10,500 バルコニーBOX Balcony Box (2席セット Twin Seats): ¥15,000

主催:朝日新聞文化財団、朝日新聞社、フェスティバルホール、大阪フィルハーモニー交響楽団
協賛:朝日放送グループホールディングス、竹中工務店

ページの先頭に戻る