ごあいさつ

朝日新聞文化財団は、1992年5月に文部大臣認可による財団法人として創設されました。朝日新聞社からの寄付10億円を基本財産に、「芸術活動(音楽・美術分野)への助成」と「朝日賞の贈呈」を通じて、わが国の文化・芸術・学術のさらなる発展に寄与してまいりました。

その後、1998年に大阪・中之島のフェスティバルホールを舞台にした音楽祭「大阪国際フェスティバル」の運営を引き継ぎ、テレビ朝日や朝日新聞社の株式の寄贈を受けて2009年から「文化財保護への助成」を始め、事業の幅を広げてきました。さらに、2011年4月1日に内閣総理大臣認定の公益財団法人に移行し、より広く「公益」に資するよう努めております。

当財団の事業のうち、朝日新聞社が1929年に設けた「朝日賞」は、その受賞者から文化勲章やノーベル賞を受けた方々が数多く出ており、民間の最も重要な顕彰事業の一つに数えられています。

1958年に始まった「大阪国際フェスティバル」は、世界的な指揮者、管弦楽団が数多く来日するなど、日本の音楽史にその足跡を残してきました。2013年4月の新しいホールの建て替えオープンを機に、さらに地域に根ざした音楽イベントとして、新たなページを加えてまいりました。

歴史を引き継ぎながら、新たな文化の振興を図る。東日本大震災の被災地支援に、助成事業を通じて引き続き積極的に取り組む――こうして、一層の社会貢献を果たしていきたいと考えています。

公益財団法人 朝日新聞文化財団
理事長 渡辺 雅隆


ページの先頭に戻る